リゾートバイトがワンチャンあるって本当?調べてきた

バイトさん達に直接聞いてみよう

はい!お次はリゾートバイトの人達が集まる居酒屋に移動しました。竹内さんが固すぎてお話にならないな、と思ったからです。

これならきっと、直接聞いた方がはやい!
紹介しましょう!リゾートバイトの皆さんです!


ヨッピー 「ヒュー!完全にチャラそう!全員ワンチャンキメてる顔してる!」

大野さん 「ちょっと!そんな事ないですよ!真面目に働いてますから!」

ヨッピー 「えー?本当にー?だって、ワンチャン目的以外にこんな山奥で働く意味ある?」

大野さん 「ありますよ!僕はスノボが好きなので、お休みの時に練習出来るっていうのがやっぱり大きいですし、この白馬周辺って、雪質が良い事で世界的に有名なので、世界中からお客さんが来るんですね。だからリゾートバイトの人も6割くらい外国人なんで、語学の勉強になるんですよ」

ヨッピー 「えっ。マジで!? でも確かに今日ゲレンデ出た時も『お客さんってほぼ外国人やんけ!』って思った」

大型連休以外は、ほとんどが外国人スキー客!

押川さん 「そうですよ。白馬には岩岳、栂池、八方尾根っていうゲレンデがある中で、どこもやっぱり日本人より外国人が多いくらいですけど、八方尾根はホントに外国人ばっかりですね。オーストラリア人が特に多いです。だからリゾートバイトする人達も外国出身の人達が多いんですよ。寮とかのリビングに行くと英語が飛び交ってて『ここは本当に日本なの!?』っていうくらい」

ヨッピー 「へぇぇぇええ!じゃあ英語を覚えたいっていう人なんかには良いんですね」

押川さん 「そうですそうです。もちろん英語が話せないとダメっていう事では無いんですけど、英語が話せた方が当然コミュニケーションが取りやすいですね」

ヨッピー 「姉さんはなんでリゾートバイトはじめたの?」

押川さん 「私は元々海外旅行が好きであちこちに行くんですけど、こういうリゾートバイトで働いてまとまったお金を溜めつつ英語の勉強して、それでお金が溜まったらまたワーキングホリデーなんかを利用して海外に行ったりしてます」

ヨッピー 渡り鳥みたいな生活で羨ましすぎる……。ちなみにワンチャンは?」

押川さん 「無いです!」

ヨッピー 「えーーーーーーーー」

ヨッピー 「こっちのお兄さんは年齢的に親近感湧くし聞かなくてもワンチャン無さそうだけど一応聞いておくか。なんでリゾートバイトを?」

村橋さん 「ワンチャン無いっていうのは完全に余計なお世話ですけど、仕事を辞めて暇になったので、どうせならこういう、まとまった時間が無いと出来ないようなことをしようと思って」

ヨッピー 「なるへそ。確かに仕事辞めた時くらいしか出来ないもんなー。でも若い人達に囲まれてしんどくないですか?」

村橋さん 「いや、そんな事ないですよ。長期の人は30代が多いくらいですし」

ヨッピー 「ちなみにけっこう稼げるんですかね?」

村橋さん 「月に10万円~15万円くらいですかね?泊まり込みなので家賃とか生活費がかからない事を考えるとまあまあ良い稼ぎだと思いますが、こんな風にみんなで居酒屋で飲んだりしてなんだかんだでお金使っちゃう事も多いのが悩みです!」

ヨッピー 「なるほど。みんな健全すぎて歯ごたえが無いな……」

と、そんな中で僕のレーダーがピンと反応したのが……、

こちらの女の子だーーーーーーーー!


ヨッピー 君はワンチャンしてる顔をしているね

佐藤さん 「ちょっと!ひどい事言わないで下さい!ワンチャンなんて無いですよ!」

ヨッピー 「えーー、本当にー?」

佐藤さん 「確かに恋愛はありますよ!でもワンチャンなんかじゃないです!私はちゃんと付き合いました!

ヨッピー 「その『ちゃんと付き合った!』ってアピールする所らへんが余計にワンチャン臭がするんだよな……。ちなみに、その彼氏とは上手く行ってる?」

佐藤さん もう別れました

ヨッピー 「ワンチャンじゃねぇかそれ」

佐藤さん 「違いーまーすーーーー!」

ヨッピー 「ふむ……。だいぶ見えてきたぞ

そんなわけで更に懐に入るためにそれっぽい恰好に変身し……、

みんなにお酒を飲ませまくる僕。


ヨッピー 「どう?実際の所はワンチャンあるんやろ?」

大野さん 「うーん、まあ無いって断言は出来ないですけど、いかんせん山奥の隔離された場所なのでコミュニティが狭いんですよね。だからすぐウワサになっちゃうんですよ」

ヨッピー 「ちなみに、『そういうウワサ』を聞いた事は?」

大野さん ありますね

ヨッピー くわしく

大野さん 「いろいろな会社経由でアルバイトの人が集まってるんですけど、どこそこの○○と××がデキてるらしい、とかそういうのですよ」

ヨッピー 「うーん、その程度か……」

大野さん 「まあ、それを言い出すと普通のバイトと変わらないと思うんですよね。マクドナルドのバイトだってバイト同士で付き合ったりとかは当然あるでしょうし。ただ、ここのバイトは狭いコミュニティの中で、仕事終わってからみんなで滑ったりこうやって飲んだりって、普通のバイトよりは濃い空間を一緒に過ごすので、仲良くなりやすいっていうのはあると思います」

ヨッピー 「まあ確かになーーー。ワンチャン狙いでリゾートバイトに来ると肩透かしを食らうのかーー」

大野さん 「もちろん良い出会いがあったりする事はあると思うんですよ。でも、それよりはスノボがやりたいとか、英語の勉強したいとか、地元の生活に少し飽きてて新しい土地に行ってみたい、みたいな動機で来るほうが多いと思います。都会に住んでると大自然で暮らす事ってなかなか出来ないんで、そういう体験が出来るっていうのは良いなーと思いますね」

ヨッピー 「ふーむ、君はなかなか良い事を言うね」

その後も、お酒は進み……


夜10時くらいでお開き!みなさん朝が早いから早寝早起きの生活になっているそう。
ちなみにこれが白馬の街並み。

こんなちょっと渋めの飲み屋もあるし……。

ちょっとした雑貨屋さんみたいなところも。ハイシーズンには夜遅くまでやっているお店もけっこうあるらしい。


確かにこういう山奥のコミュニティで働く経験って一生の内に一回くらいは体験してみたいかもしれない。
働いて滑って飲んで温泉入って寝るっていうのも、青春っぽくて良いなーーー。



ただし気をつけて頂きたいのが、

こうやって飲み過ぎて道端で寝る事ですね。
高確率で凍死しますので皆さんもリゾートバイトの時はくれぐれも飲み過ぎに注意してください。

「オモコロ」「トゥギャッチ」「ぐるなび」「Yahoo! Japan」「ライブドアニュース」など、さまざまなWEBメディアで活躍中のライター。「WEBでウケること」の第一人者として、タイアップ広告案件なども多数手がける

12

リゾートバイトに興味が出たら登録してみよう!60秒で簡単登録!更に詳しい情報をGETできます!

株式会社バーグハンバーグバーグ