> > 思い立ってヒッチハイク。

特集ページ

思い立ってヒッチハイク。

思い立ってヒッチハイク。

リゾートバイトスタッフの柴田さんと札幌支店の前田が、人知れずヒッチハイクでお仕事先の富良野まで行ったそうです。実は私たちも当日までその事実はまったく知らず、「ヒッチハイクで向かっているらしい!」と知った時には、すでに目的地まで残り半分をきっているところでした。

今回、無事ヒッチハイクを終え、前田自らレポートを書いてくれました。


maeda21.jpg

地下鉄白石駅に8:30集合だったが前田が電話番号を控えるのを忘れて連絡できず、予定より40分遅れて合流。

柴田さん、本当すんません・・・。
駅近くのロイヤルホストで朝食をとり、ヒッチハイク用のボード(?)を作成。最初からごたついてしまった。



maeda19.jpg完成!
字がうまい。「実は書道5段なんですよ~」って言ってた。

ちなみに柴田さんは愛知県の大学生
夏休みを利用して、リゾートバイトをしに北海道へ来たそうです。


maeda18.jpg10:00

ロイヤルホストの目の前の通り(国道12号線)にてヒッチハイク開始。
当初、気恥かしさがあったものの、10分もやっていると「そんなもの犬に喰わせてしまえ」と思い始める。あと思っていたより腕が疲れる。

超疲れる。


maeda17.jpg全然停まってくれない・・・。

見てはくれるんだけどね。


maeda16.jpgヒッチハイク 岩見沢」をこれでもかと見せつける。


maeda22.jpg見せつけていたら何故かタクシーが停まった。
けど普通に乗客だと思っていたらしく、丁重にお断りした。

岩見沢までいくらかかるんだろう・・・。


maeda14.jpg開始30分くらいで初の停車!
親子3人で江別へ行くらしい。長男のシドくん(9歳)が「乗せてあげよう!」とお父さんに提案してくれたとのこと。

シドくん、本当にありがとう。変なおじさんヒッチハイカーに優しくしてくれてありがとう。
あと将棋の大会がんばって!


maeda13.jpg江別まで乗せていただき、シドくん・シドくんパパ・シドくんの妹さんとお別れ。
写真はパパさんが恥ずかしいからということでNG

本当にありがとうございました!!

そしてこのあとすぐに弊社社長の庄子より入電。

maeda23.jpg

東京から札幌に来ているらしい。

庄子「おもしろいことしてんじゃん!俺も行くわ!!」
前田「え!?まじすか!??」
庄子「行く行く!車で1時間ぐらいのところでしょ?すぐ追いつくわ!

あ、ダメだ。16時から会議だった(笑)」

なんなんだよ。


maeda12.jpg今度は岩見沢・三笠方面へヒッチハイク開始。

ちょうど赴任先のホテルから、何時頃到着か電話で確認される。

前田「たぶん17時頃になります!私も一緒に行きます!ヒッチハイクで!」
担当「え!?本当ですか?(半笑い)」
前田「本当です!今江別です!」
担当「気をつけてください(半笑い)」

清野さん(担当の方)本当にすみません。。


maeda11.jpg

ヒッチハイク開始5分で奇跡の声がけ。

美唄まで行くので、途中の三笠まで乗せてくれるとのこと。
何故かと言うと、美唄よりも三笠からのほうが富良野方面へ行きやすいから。


maeda10.jpg

三笠のサービスエリアに到着!
鈴木ご夫妻、ありがとうございました!!!!!

あと個人的に今回一番良い写真が撮れたと思う。


maeda3.jpg

時刻は12:30 食事処を発見!

ラーメン だるまや
http://tabelog.com/hokkaido/A0107/A010708/1033920/

小腹がすいたので、どろラーメンとやらを食す。


maeda8.jpg

15分ほどで入店。
ランチタイムだからか、結構かかった。
セットを頼もうとすると、かたくなに「セットは遅くなりますよ」と言ってくるのが印象的だった。

結局、セットも単品も時間はそれほど変わらなかった。


maeda9.jpg

どろラーメンはゴマよく効いたラーメンで、味は結構好き。


maeda7.jpg

腹ごしらえもすんで、三笠からヒッチハイクスタート。

日照りがすごく、肌がどんどん焼けていく。
今更ながら、絶好のヒッチハイク日和だ

が、愛知から来た柴田さんは「涼しくてとても良い!」とのこと。

本州で暮らせる気がしないな、前田・・・


maeda5.jpg

富良野と欲張ってしまったせいか、なかなか捕まらない・・
滝川くらいにすればよかったかな。


maeda4.jpg

場所が悪いと判断して、2kmほど徒歩で移動する。


maeda2.jpg

これから滝川へキャンプに行くという鈴木さんご一家が、滝川まで乗せてくれた!
以前からヒッチハイカーを助けてあげたいと思っていたらしい。とても優しい方。

だからか、一度通り過ぎたのにわざわざ戻って乗せてくれた。
乗るところは写真を撮り忘れてしまったが、車内がとても賑やかで楽しかった。

鈴木さん、ありがとうございました!!!!!


maeda1.jpg

そのあとすぐに(本当に5分程度)くまこさん(真ん中)が停まってくれた。
急すぎてまたも撮り忘れ。

くまこさんは当初美瑛へ行くつもりだったのだが、わざわざ逆方向の新富良野プリンスホテルまで送っていただけた。

なぜくまこさんと呼んでいるかというと、この方「森 くまこ」さんという、森 公美子さんのそっくりさんらしい!
テレビなどにも出演しているみたい。
https://www.youtube.com/watch?v=asDsqQyEXqQ

乗せてくれた理由が、「純粋そうな韓国人かと思った」とのこと。
そうなんですよ、ほぼ純粋そうな韓国人です、私。

くまこさん、ありがとうございました!!!!!


maeda20.jpg

16:30
くまこさんらとお別れ後、柴田さんとハイタッチ!
達成感が半端なかった!

実は滝川まで送ってくれた鈴木さんご夫妻から焼き鳥をいただいていたので、それで祝杯をあげてヒッチハイク終了。

ここの焼き鳥とってもおいしい
とってもおいしいです!鈴木さん!!!

くいしんぼう
http://tabelog.com/hokkaido/A0107/A010708/1044080

そのまま、ホテルの担当者にお会いして終了。

担当「派遣会社の方が、一緒にヒッチハイクってすごいですね(半笑い)」

清野さん本当にすみませんでした。


ちなみに、スタート地点からゴールまでの道のりはコチラ▼

map_maeda.jpg

これが今回の旅の一部始終。

本当にいろいろな方のいろいろな善意によって成功した。
そもそも着かない可能性だってあったはず。それに予定通り待ち合わせできていたら、今回の出会いもなかった。

人の縁とはとても奇妙なもので、とても素敵なものだと思った。

maeda6.jpg



ちなみにヒッチハイクを終えた前田は・・・?

前田はそのあと、バスと電車を乗り継ぎ帰りました。

そりゃあもう死に物狂いで、必死に帰りました。

なぜなら例の社長の庄子が焼肉屋で待っているとのことだから。

てか、19時半スタートにしてくれれば僕も余裕で間に合うのに

なぜかきっかり19時スタートしやがって。

maeda23.jpg
「あ、おつかれぇ~(^^)/」

じゃねーよ。

【終】

特集一覧へ戻る
リゾートバイト専門のアルバイト紹介
「はたらくどっとこむ」
スキー場でリゾートバイト♪
スキー場でリゾートバイト♪

有馬温泉リゾートバイト特集
有馬温泉リゾートバイト特集

日本最古の温泉としても有名。大阪・神戸のアクセス抜群!

コーディネーターのご紹介
コーディネーターのご紹介

個性豊かなコーディネーターをご紹介♪

アプリリゾートの特典をご紹介★
アプリリゾートの特典をご紹介★

アプリでリゾートバイトをすると特典がたくさん♪

Tokyo Dive(トーキョーダイブ)
Tokyo Dive(トーキョーダイブ)

地方から東京へ飛び込みたい方、特に必見!

Global Dive(グローバルダイブ)
Global Dive(グローバルダイブ)

リゾートバイトでお金貯めて留学・ワーホリにチャレンジ!