> > 伊豆・熱海のリゾートバイト◆特集記事

特集ページ

伊豆・熱海のリゾートバイト◆特集記事

伊豆・熱海のリゾートバイト◆特集記事

都心から約1時間半◇
山・海両方楽しめちゃう!
温泉ファンも必見!伊豆・熱海リゾートバイト☆


静岡県東部、本州から太平洋側に突き出ている伊豆半島。天城山や達磨山、多賀火山などが位置する火山地帯で、古くから温泉リゾート地として親しまれてきました。

一年を通して温暖な気候で、海も比較的穏やかなことからマリンスポーツの聖地としても有名ですね。ほかにも史跡・景勝地、グルメ、山のアクティビティなども楽しめるなど、リゾートの魅力がギュッと詰まったエリアとなっています。

▽足湯を満喫する東京本社・藤根本多
izu_21.jpg

日本有数の観光地である伊豆・熱海なら、お仕事はもちろん、プライベートも充実すること間違いなし!
毎年、たくさんのスタッフさんが募集されるので、初めての方も安心。
みんなでワイワイと盛り上がりたい人にもおすすめのエリアとなっています!

izu_10.jpg

伊豆・熱海エリアのリゾートバイト一覧はコチラ

伊豆・熱海ってどんなところ?

伊豆半島は4つのエリアに分類できます。

izu_1.jpg

熱海市を含む東部の「東伊豆」、駿河湾に面する「西伊豆」、内陸部分の「中伊豆」、そして半島の先端部に位置する「南伊豆」です。

では、それぞれの地域の特徴を見てみましょう。

  • 東伊豆エリア

東伊豆エリアを代表するのが「熱海市」。熱海は古くから温泉街として発展してきた街で、宿泊施設が集中しています。オシャレな近代風のホテルから、創業200年を超える老舗旅館まで種類もさまざまです。ホテル業務を学びたい人にピッタリの場所といえるでしょう。

izu_11.jpg

また東伊豆はマリンスポーツも盛んです。外海に面しているので波が比較的高く、中級~上級のサーファーに人気のエリアとなっています。シーズンにはプロのサーファーも訪れるほど、いい波が寄せます。サーフィン好きのスタッフさんにおすすめです。

izu_12.jpg

ちなみに同エリアの中心駅である熱海駅は、東海道新幹線・山陽新幹線の停車駅となっています。東京駅まで約50分でアクセスできるので、お休みの日には東京観光も楽しめます!

  • 西伊豆エリア

西伊豆には、観光スポットが集中しています。伊豆の松島と称される「堂ヶ島」や、夕方になると黄金色に輝く「黄金崎」天然記念物となっている「天窓洞」鐘を3回鳴らすと恋が実るといわれる「恋人岬」などが有名です。

▽堂ヶ島の夕日
izu_3.jpg

賑やかな東伊豆に対して、こちらは静かで落ち着いた温泉地といえます。
ゆったりとした時間を過ごしたい人におすすめです。

▽恋人岬
izu_2.jpg

また西伊豆が面する駿河湾は、比較的波が穏やか。初~中級者のサーファーや、ダイバーに人気のエリアとなっています。これからマリンスポーツを始めるという方は、西伊豆エリアを中心に探してみてはいかがでしょうか?

izu_13.jpg

  • 中伊豆エリア

伊豆というと海をイメージする方が多いと思いますが、伊豆半島のほとんどは山が占めています。内陸に位置する中伊豆エリアは、そんな山の魅力を感じられる場所です。

伊豆最古の温泉地で知られる修善寺をはじめ、川端康成の小説「伊豆の踊子」の舞台となった湯ケ野温泉など、情緒あふれる温泉旅館が豊富。

▽伊豆の踊り子像
izu_4.jpg

また地元の食材として、蕎麦やわさび、山菜、うなぎ、イノシシ肉など、山や川の幸にも恵まれています。都会のけん騒から離れて、温泉と自然、グルメに癒やされたいという人にピッタリです。かつて文豪が好んで泊まったというのも頷ける話ですね。

▽伊豆名物のお蕎麦は絶品!
izu_6.jpg

また中伊豆には純和風な旅館が多いことから、近年は外国からのお客さまも増えているようです。海外交流をしたい方にもおすすめしたいエリアです。

▽英語を生かしたい方にもオススメです!
izu_7.jpg

  • 南伊豆エリア

南伊豆は海水の透明度が高いエリアで、毎年シーズンになると全国から観光客が訪れます。サーフィンはもちろん、シュノーケリング、ダイビング、磯釣りなど、マリンスポーツもさかんです。伊豆三大美浜に数えられる「弓ケ浜」と「白浜」をはじめ、穴場ビーチもたくさんあるので、自分にとってのベストビーチを探してみるのもおもしろいかもしれませんね。

▽沖縄にも負けない海のきれいさ!!
izu_8.jpg

南伊豆にある下田は、ペリー来航によって日本初の開港地となった場所で、古くから港町として発展してきたエリアです。幕末の面影が残る町並みは、伊豆を代表する観光名所となっています。歴史ファンの方はぜひ訪れたいスポットです。

▽下田駅前には黒船のモニュメントが★
izu_9.jpg

伊豆・熱海に持っていきたい物は?

実際に、伊豆・熱海でリゾートバイトをしているスタッフさんに「持ってきた方がいいものはありますか」と聞いてみたところ、いろいろなアイテムを教えてくれました。現地でも必要な物はそろいますが、バッグのスペースに余裕がある場合は、以下のモノもいっしょに入れてみてはいかがでしょうか?

  • 水着

伊豆に来て泳がないなんてもったいないですよ!ここ(伊豆)で買ってもいいんですけど、デザインが被っちゃうとちょっと恥ずかしいので、現地に来る前に買った方がいいかもしれないです」(20代・女性)

izu_15.jpg

伊豆には海水浴場がたくさんあります。目の前にビーチが広がっているホテルや旅館もあるので、一着だけでも持っていくといいかもしれませんね。

izu_14.jpg

  • サンダル

「一足あると便利ですね。リゾート気分も盛り上がります(笑)」(20代・男性)

海へエントリーするまでに岩場を歩く場所もあります。素足だとケガをしてしまう可能性もあるので、サンダルを一足持っていきましょう。

izu_17.jpg

  • 日焼け止め

「女性なら必須ですね。夏場は日差しが強いのですぐに焼けちゃうんです」(10代・女性)

夏はまるで南国のような気候です。肌の皮がむけてしまうほど日焼けし過ぎると業務に支障が出ることもあるので、日焼け止めを忘れずに持っていきたいところです。

izu_16.jpg

  • 虫除けスプレー

「海のほうはあんまりなんですけど、山はですね、結構蚊が出るんですよ...」(30代・男性)

中伊豆など山が多いところは蚊が出やすいので、虫除けスプレーを持っていると便利です。

寮の網戸などに吹きかけるだけでもだいぶ変わってきます。

izu_18.jpg

伊豆・熱海のメリットまとめ

リゾートバイトをするときに、海のリゾートにするか、温泉リゾートにするか迷う方も多いと思いますが、伊豆・熱海エリアは両方あります!

そう、両方あるんです!(大切なことなので二回言いました)

リゾートバイト後にスタッフさんにお話を聞いてみると、

仲間がたくさんできました!社員さんといっしょに飲みに行くこともありましたよ!」

「高級旅館で接客をマスターしました。もう、どんな接客のお仕事をしても怖くないです

「サーフショップの店員さんと仲よくなったら、ボードを格安で売ってくれました(笑)

izu_19.jpg

このように!!みなさんとっても楽しそうでした。リピーターが多いエリアなのも納得です。

リゾートバイト経験者はもちろん、アルバイトが初めてという方もお気軽にご相談ください!

伊豆にジャンプ!!

▽「伊豆のお飛び子」という企画にチャレンジした東京本社・藤根本多
izu_20.jpg


●伊豆・熱海のリゾートバイトはコチラ!
izu_topicbnr.jpg

◆よく読まれている記事
【特集記事】日本の地中海★小豆島リゾートバイト特集
shodoshima_minitop.jpg

【特集記事】よくばりリゾート地宣言★佐渡島リゾートバイト特集
sadogashima_topicbnr.jpg

特集一覧へ戻る
リゾートバイト専門のアルバイト紹介
「はたらくどっとこむ」
はじめてのリゾートバイト
はじめてのリゾートバイト

スタッフ応募からリゾートバイト開始までの流れを簡単にご紹介しています。

スキー場人気エリアまとめ
スキー場人気エリアまとめ

スキー場リゾートバイトの中でも人気エリアに関する特集記事を集めました!

スキー場のお仕事がはじまる前に
スキー場のお仕事がはじまる前に

スキー場のお仕事前の過ごし方について、東京本社の千葉よりご提案があります。(写真の美女たちはほぼ関係ありません。)

「ZEROから留学」のご紹介
「ZEROから留学」のご紹介

貯金・語学力ゼロから始める留学プランがスタートしました★お気軽にお問合せください♪

サクヤサマ 呪われたリゾートバイト
サクヤサマ 呪われたリゾートバイト

(株)闇とのスペシャルコンテンツ!ブラウザで遊べるホラーゲーム「サクヤサマ 呪われたリゾートバイト」はコチラから!

姉妹サイトのご案内
姉妹サイトのご案内

「はたらくどっとこむ」の姉妹サイトをご紹介します!コチラもぜひチェックしてください。

エリア特集記事一覧