> > アプリ15周年大感謝祭 in 京都☆

特集ページ

アプリ15周年大感謝祭 in 京都☆

アプリ15周年大感謝祭 in 京都☆

こんにちは!ライターの上村菜穂です。

uemura_profile04.png

上村 菜穂(うえむら なほ)
14歳でメールマガジン20,000人・恋愛部門1位を取得。歴代最年少記録。 20代女性向けの集客やPRが得意なライターとして学生からフリーランスになった。現在はフリーランスになりたい人をプロデュース中
ブログはこちらhttp://nahouemura.com/


約1ヶ月前のこと・・
私はアプリのコーディネーターの方から、こう依頼されました。

170406_kyoto_00.jpg
写真はイメージです。実際の依頼時の様子とは異なります。

アプリ「上村さんには、"とあるイベント"にいち参加者として加わって欲しい」

170406_kyoto_02.JPG
写真はイメージです。実際の依頼時の様子とは異なります。

アプリ「そして、"そのイベント"に参加して見て感じたことを、率直にライティングして欲しいんだ──」

上村「・・・」

その"イベント"というのが、こちら!

64d74763992a0c2e9ab9c91ecd12a951dda783fb.jpg

「アプリですけど◯◯して(で)はしゃぎませんか?」

そして、今回の私が取材した、京都の大感謝祭イベントの◯◯に入るテーマはというと.........「チャンバラ&懇親パーティー」してはしゃぎませんか!!

170406_kyoto_03.jpg
京都イベントのチラシはコチラをClick

前置きが長くなりましたが・・この記事を通して、私がイベントに参加して「率直に感じたこと」をレポートしていきたいと思います!!

[目次]
1.チャンバラ合戦(第1部)
2.中間フリータイム
3.懇親パーティー(第2部)
4.まとめ

1.チャンバラ合戦(第1部)

15_3.jpg
アプリのコーディネーターと参加者に混ざってポーズ

まず、チャンバラと聞いて、「え!?」と思った方もたくさんいるでしょう。

私も「チャンバラ?」と実際に体験してみて知りました...だって「刀(スポンジ製)」を使って、相手の腕についているボール状の「命」を落とす合戦ゲームなんですよ。

15_4.jpg
ルールはシンプル★肩の黄色のボールが落ちた方が負け!

なので、正式名称は

chanbara.jpgとのことです。

赤・青・黄の3チームに分かれて大合戦。
各チーム大将がいて、大将はハッピを着るのです。

kyoto_11.jpg
チーム戦では大将がハッピを着用!いざっ出陣!

優勝者と準優勝者には豪華プレゼントがあるということで、みんな気合十分...!

15_5.jpg
みなさん、ポーズもばっちりキマッてます!

「刀」はスポンジだし、軽い運動かな〜

なんて思ったら大間違い! 結構ハードでいい運動になります(笑)

15_6.jpg
合戦スタート!最初はみなさん相手の出方を伺います

各チーム戦で第1ターン(3回戦)・第2ターン(3回戦)とあり、始まる前にはチーム内で自己紹介。

名前と出身地、所属(勤務先)を話すのがリゾートバイトを紹介している「アプリらしいな~」と思いました^^

kyoto_9.jpg
いつの間にか、チームの仲間で円陣を組む様子も!

勤務地が近いと親近感が湧きますし、経験したところだと、「私もそこ行った!」みたいに盛り上がりますよね。

参加した女性のひとりは、

「実はアプリさんでまだリゾートバイトをしたことがないんです。スタッフ登録をしていただけで。そうしたらある日、今回のイベントの案内が来て、・・・チャンバラって何!? と思い、友人を誘って参加しました! これがバレーボールやバスケなど、やったことのあるスポーツなら参加していなかったです」

と、おっしゃっていました。

登録のみでまだお仕事をしたことがない人でも大歓迎! そしてそのご友人も大歓迎!と、みんなにオープンでフレンドリーなのはアプリの魅力ですね♪

15_9.jpg
初対面同士でもチャンバラで交流が深まります!

また、リゾートバイトで見知らぬ土地での経験や挑戦だけでなく、こうしたオフ会で多くの人が経験したことのない企画をやるのは、参加するスタッフさんの思い出の一日になるはずです。捉え方はひとりひとり違っても、人生経験のひとつとしてかけがえのない思い出を提供していると思いました。

私の場合はインタビューした女性と逆で、バレーボールやバスケなら参加していたかもしれませんが、チャンバラは取材でなかったら申し込んでいなかったと思います。

「大人になって合戦ゲームって恥ずかしいな」
「刀を持つキャラでもないし」
「オーって叫ぶのもちょっとな〜」

などのためらいがあったのですが、

「せっかくの機会だし、視野を広げるために行ってみよう!」
「知らない人たちの中だからこそ、普段の自分ではやらないことをやってみよう!」

と思って行くことにしました。

結果、参加して大正解!

15_7.jpg

はじめは確かに恥ずかしさもありましたが、アプリコーディネーターのみなさんたちが明るく笑顔で話しかけてくれるし、

(※今回の会にも12人のコーディネーターが参加!知人がいなくてひとりの人がいても、誰かがすぐに飛んでいって話しかけている印象でした)

参加しているスタッフさんたちもフレンドリーなので楽しかったです。

15_8.jpg

大人になったら運動会もないので、小・中学生に戻った気分で参加して新鮮でした。

これまでの私ならしなかったことをしてみて、自分の枠が広がったようにも感じます^^

kyoto_13.jpg

↑左が個人戦優勝者のSさん。

もう2年ほどリゾートバイトを経験しているらしく、「続けられるのは毎回色々なところに行って出会いがあるから」と話してくださいました。

また、リゾートバイト期間の前後いずれも支店へご挨拶に行くそう。それは無理をしているのではなく、アプリ社員の温かさに自然と会いたくなるほど感謝しているからとのことです。

170406_kyoto_29.jpg
チャンバラ合戦の最後には集合写真をパシャリ

2.中間フリータイム

一部の大チャンバラ合戦(戦 --IKUSA--)が16:00までで、二部の集合が18:15と約2時間のフリータイムがありました。

その間、ここで知り合った人同士で行動する人もいれば、以前同じ勤務地で一緒だった人と参加して、プチ同窓会のような感じで集まって行動する人たちもいました。

私は大阪支店・田村さん、名古屋支店・高木さん、今村さんや、今回知り合った仙台出身の素敵な女性のお二人と祇園神社へ行くことに。

kyoto_4.jpg

kyoto_1.jpg

上記写真は、スキー場でリゾートバイトをしたというSさん(写真左)とご友人のCさん(写真右)。

先日までアプリスタッフとして働いていたSさんにリゾートバイトを始めたきっかけを尋ねると、

170406_kyoto_20.png「今年はスコットランドへ行く予定ですが、もともと海外でワーキングホリデーなど挑戦したり、世界を周りたいと思っていました。 けれど、考えてみると日本のこともあまり知らないと気が付いて、働きながら日本を回れるリゾートバイトをしてみました! 特によかったのは自分が普段出会うことのない人と知り合えること。現地の方もそうだし、一緒に働くスタッフさんも大学生の方がいて普通だったらなかなか出会えないので楽しいです!」

と話してくれました^^

普段活動している枠から飛び出して、新たな出会いや、視野を広げること。それらによって得られる自己成長。リゾートバイトというひとつの挑戦で得られることの魅力を知りました。

kyoto_15.jpg

kyoto_14.jpg
祇園神社から大懇親パーティーの会場へ移動途中の様子。
外国人familyが人力車へ。

3.懇親パーティー(第2部)

15_1.jpg
懇親パーティースタート!!

そうして夜にスタートした第2部の食べ放題&飲み放題の大懇親パーティー!

会場に集まった約50名のスタッフ同士で楽しく歓談! Tokyo Dive、Global Diveの説明もあり、あっという間に時間が過ぎてしまうほど盛り上がっていました。

kyoto_8.jpg
Tokyo Diveの説明に熱が入る東京本社・河野

なんとそのあと、景品がもらえるクイズ大会も...!

kyoto_6.jpg
景品がかかっているとあって、みなさん真剣です・・!

こうして大人数が集まる中、アプリを始めたきかっけや思い出をスタッフ経験者の方にインタビューさせて頂きました。

アプリを使って8年間も勤務している女性は、

uemura_profile09.png「ゴールデンウイークにある有名スポットでリゾートバイトをしました。それは他の会社だったのですが、そこは1つの場所のリゾートバイト専門のところで、その集団生活が楽しかったのでもっと色々なところに行きたいなと思い、全国展開しているアプリへ申し込んでみました。 気が付いたら8年と、自分でも驚くほど長く続いているのは社員さんの温かさのおかげです。勤務先で失敗してしまい、現地の方だけではなくアプリのみなさんにも迷惑をかけてしまったことがあります。 なので『もうお仕事はないだろうな』と諦めていました。しかし、そんな私へ『また次から頑張りましょうね!』と笑顔で言っていただき、励まされたのは何年経った今でも覚えています。 仕事の紹介だけでなく、心の支えと言いますか。 スタッフ、言ってしまえばアルバイトである私と本気で向き合ってくれていること、思いやってくれていること。そういうのが嬉しくて、私も力になりたい!と思って頑張れます。 なので毎回、お仕事をさせていただく勤務地の支店へリゾートバイトの前後に必ずご挨拶へ行っています。 それくらい会いたくなる社員さんが集まっている会社で、関わらせていただいてすごく幸せです! あと私は趣味が山登りなので、勤務地と近い山へ休日に行って趣味も入れ込んで楽しんでいます」

というお話もお聞きしました。

また、男子学生の方から、

uemura_profile06.png「将来的には海外へ行きたいけれど、まだ日本のことを知らないので、お金を貯めながら日本のことを知ることができるリゾートバイトをしようと思ったのがきっかけです。 実際にやってみると、日本のことを知ることができるのはもちろん、趣味が広がりました。 実は僕、水泳が昔から苦手だったんですよね。なので海にもほとんど行かなかったのですが、海が綺麗なところでダイビングを経験して野生のウミガメを見たら感動しちゃって! 水中への苦手意識がなくなり、むしろ趣味のひとつになりました。 もともと自然は好きだったのですが、まさかこんな展開になるなんて思わなかったです。 リゾートバイトだと休みの日にボーッとするのではなく、『どこか行かないともったいない!』と思って、自然と行動したくなるのです」

と話してくれました。

4.まとめ

170406_kyoto_22.jpg

イベントに参加して、また、参加者の方々にインタビューをしていて感じたことは、参加者の人も趣味や好きなこと、興味・関心のあることの延長線上にリゾートバイトをしている印象でした。そうして見知らぬ土地で新しい出会いによって、視野を広げ、人生をより濃くしているのだと思います。

しかし、こうしていちアプリスタッフとしてリゾートバイトをしている人が、楽しめているのはなぜだと思いますか?

...

...

「アプリ社員がフレンドリーだから」

170406_kyoto_28.JPG
大阪支店・佐野(写真中央)とスタッフさん

↑正解。

170406_kyoto_27.JPG
大阪支店・佐野(写真・右)とスタッフさん

「アプリ社員が優しいから」

170406_kyoto_26.JPG
大阪支店・田村(写真左)とスタッフさん

↑これも正解。

けれど、それ以上にアプリ社員のひとりひとりが、自分のやりたいこと、好きなことをしっかり持っていて、それを生かす職場としてアプリという会社に勤めているから──だと思いました。

仕事としてサポートをするところはするけれど、楽しむところは思いっきり楽しむ! だから心の余裕が生まれて、人に優しく温かく接することができる。

170406_kyoto_25.jpg
大阪支店・竹本

170406_kyoto_24.jpg
大阪支店・岩崎と名古屋支店・今村(写真右)と参加したスタッフさん

先日、アプリとは関係ないところで出会った学生さんが、こんなことを言っていました。

彼女は某有名大学の学生さんなのですが、卒業した先輩方に、「就活は終活だよ。社会って本当に辛くて、これは人生の墓場だね。だから学生のうちに楽しみなね!」と同じような意見を数人から伝えられたのだとか。

しかし、アプリ社員と関わっていくと、就活を終えて社会人になることは、人生をもっともっと楽しむ一歩なのだと気が付くはずです。

170406_kyoto_23.jpg
名古屋支店・高木(写真右から2番目)とスタッフさん

なぜなら会社のビジョンで、「2025年までに若者のチャレンジを100万回応援したい!」ということを、社員のひとりひとりが本気で思っているから。

こうした大人と関わることによって、学生のあなたは〝仕事は自分次第でいくらでも楽しめるし、成長できると感じることができる〟でしょう。

・ 新しい世界、価値観に触れたい人
・ 人との出会いをもっともっと味わいたい人
・ 仕事を全力で楽しんでいる大人と出会いたい人
・ 1人で不安もたくさんあるけど、実は日本を周りたい人
・ 100万回チャレンジの1人になりたい人
・ 新しい自分と出会いたい人

そんな方は、ぜひ一度アプリのコーディネーターとお話してみてはいかがでしょうか? あなたの人生が変わる、特別な一日になるかもしれません。

15_20.jpg
最後はアプリのコーディネーターと参加者のみなさんで集合写真!

以上、大阪支店・名古屋支店の報告レポートでした!


     

uemura_profile04.png【WRITER】上村 菜穂(うえむら なほ)
14歳でメールマガジン20,000人・恋愛部門1位を取得。歴代最年少記録。 20代女性向けの集客やPRが得意なライターとして学生からフリーランスになった。現在はフリーランスになりたい人をプロデュース中
ブログはこちらhttp://nahouemura.com/

特集一覧へ戻る
リゾートバイト専門のアルバイト紹介
「はたらくどっとこむ」
はじめてのリゾートバイト
はじめてのリゾートバイト

スタッフ応募からリゾートバイト開始までの流れを簡単にご紹介しています。

コーディネーターのご紹介
コーディネーターのご紹介

個性豊かなコーディネーターをご紹介♪

アプリリゾートの特典をご紹介★
アプリリゾートの特典をご紹介★

アプリでリゾートバイトをすると特典がたくさん♪

アプリ15周年記念サイト
アプリ15周年記念サイト

皆様に支えられて私たちは15周年を迎えることができました。本当にありがとうございます。アマゾンカードが当たるキャンペーンも開催中!是非ご覧ください。

Tokyo Dive(トーキョーダイブ)
Tokyo Dive(トーキョーダイブ)

地方から東京へ飛び込みたい方、特に必見!

Global Dive(グローバルダイブ)
Global Dive(グローバルダイブ)

留学だけではなく、留学費用の調達&帰国後のキャリアもまとめて一括サポート!

apptli Resort 日本打工度假
apptli Resort 日本打工度假

對打工度假有興趣的請看這裡!!